食欲を抑える

スポンサードリンク

食欲を抑える工夫が大切

ダイエットをするには、食べる量を減らすだけでなく、食欲を抑える工夫も必要です。

 

毎日の食事で、本当にお腹がペコペコでご飯を食べることが何日に一度ありますか?
おやつにしても同じことです。「ご飯の時間になったから」「3時のおやつタイムだから」「テレビを見るとき口さみしいから」「むしゃくしゃして何か食べたくなったから」・・
ダイエットをする必要がある人の多くは、お腹が空いていなくても、気持ちのはけ口として甘いものを食べたり、お腹がすいていなくても3食きっちり食べているものです。

 

食欲を抑えるのは、精神論だけでは難しいものです。
食事の際には一工夫して食欲を抑えるようにしましょう。例えば、食事の直前に歯磨きをしたり、口腔洗浄剤で口をゆすぐのです。ミントの香りで食べ物の味がわかりにくくなって、おかずがおいしく感じられないため、食欲を抑える効果があります。

 

お腹が空いたら、水やお茶を飲みましょう。
カフェインには食欲を抑える効果があることが知られています。ただし、甘いもの好きだからといって、砂糖の入った飲み物を飲んでは逆効果なので、お茶やコーヒーはノンカロリーのものを選ぶか、自分で淹れる時はミルクと砂糖は入れないようにしましょう。

 

どうしても食欲が抑えきれない時は、カロリーが低くてお腹が膨れるものを食べましょう。
寒天ゼリーのように、食べてしばらくすると満腹感を感じるものが良いでしょう。眼の前に食べ物が出しっぱなしになってると、つい手が伸びてしまうものです。部屋の中を点検して、お菓子は見えないところにしまえば、食欲を刺激されることが減るでしょう。

食欲を抑えるには関連ページ

ダイエットと食事
ダイエットと食事の関係について説明しています。バランスの良い食事を摂り、健康的に痩せることが大切です。
ダイエットと運動
ダイエットと運動の関係について説明しています。ダイエットには有酸素運動がお勧めです。ただ体重を落とすだけでなく、健康的に痩せるために必ず運動を取り入れましょう。
ダイエットとカロリー
ダイエットとカロリーについて説明しています。ダイエット成功の鍵は、ローカロリーでもバランスのとれた栄養を摂ることです。
ダイエットと停滞期
ダイエットの停滞期について説明しています。ダイエットを成功させるためには停滞期をあせらず乗り越えることが大切です。
ダイエット日記をつけよう
ダイエット日記を付けることをオススメします。記録を残し、効果を確認することは、モチベーションの維持につながります。ブログなどで仲間たちと励まし合うことも、ダイエットの楽しみにつながりますね。